おらの村
技工士、村の、、、、、ページです。

みなさんが、歯医者さんで歯を削りますよね、、、その後、あたたか〜い粘土さんとつめた〜くてちょっと味のする粘土さんで型をとり、その後、なんだかグニャッとしたものを『ハイ噛んで下さい!』なんて、いわれて、、、

そのあとど〜なっているか知りたいですよね???

では、今月はその説明をしてみたいと思います。

1)これがさっきあたたか〜い粘土と冷たい粘土さんでとった歯型です。

2)これに、石膏を流します。色が違うのは、削った方の石膏の方が硬い石膏を使っているからです。

3)固まったら、削ったところが外れるように、ピンをたてます。

4)そのピンが埋もれるように土台をつけます。固まったところで、 糸のこで、ゆっくりと削ってない歯の型を傷つけないように、ギコギコと、、、はい、、、削った歯型だけ、外せるようになりました。

5)『ハイ噛んで下さい』といわれた状態で針金でとめ
こうごうきといわれるもの、マ、簡単にいえばあごの動きを簡単に復元したものですね。そこに、石膏でつけます。

6)この歯型に、ワックス(いわるゆロウ)をもって、もとの歯の形を作るのです。


7)これを、写真のようにたてて

8)埋没材という、熱に強い石膏にうめます。

 

9)焼却炉で、これを思いっきり焼いて、中のワックスのみを焼いてしまいます。

10)これを、遠心鋳造機という回転すると力が外にかかるという力を利用した機械で中に金属を流し込みます。

11)これをさまして、掘り出します。
12)この金属を、ていねいにもとの歯型にあわせながら、磨いて、、
13)出来上がり:

 

どうでしたか?こんなに手間がかかって要約みなさんのお口の中に入るのですよ、、、
くれぐれも、大事に使って下さいね、、、